Webディレクターのアシスタントってどんな仕事?【現役ディレクターが解説します】

work


こんにちは、カズキです。



今回はWebディレクターアシスタント駆け出しの方、

もしくはこれからアシスタント業務をスタートする方向けの記事です😌

・新米アシスタントディレクター
アシスタント業務って具体的に何をするの?
給料はどのぐらいもらえるの?
一人前のディレクターになるにはどのぐらいの期間が必要?


この辺りの疑問にお答えします。

この記事を書く僕の経歴

この記事を書く僕はWebディレクター経験4年目。

現在30歳で、26歳の時に異業種からWeb業界へ転向しました。

一年半のアシスタント期間を経てWebディレクターとして、制作会社→広告代理店→事業会社とほぼ全ての現場でのWebディレクションを経験。

そのため、記事内容は一定の信頼性は保証できるかと思います。


→5分程度で読める記事なので、是非最後までお付き合い頂けると嬉しです😌

Webディレクターのアシスタントってどんな仕事?【現役ディレクターが解説します】


アシスタントディレクターは基本的にはWebディレクターと一緒に行動するので、

主にディレクターの仕事を手伝うことがメインの仕事です😌



ざっくりと以下の通りです。



(1)「打ち合わせのセッティング」→「打ち合わせ同行」→「議事録の作成」

(2)資料の修正・印刷物のコピーなど

(3)ワイヤーフレームの作成(主に下層ページを担当)

(4)デザインチェック・テストページの動作確認

(5)CMS管理画面から記事の流し込み


(1)「打ち合わせのセッティング」→「打ち合わせ同行」→「議事録の作成」


Webディレクターはプロジェクト開始から完了までの間、必要に応じて打ち合わせを行います。



その時、参加者全員のスケジュールを調整して、打ち合わせのセッティングを行うのはアシスタントディレクターの仕事。



それから、打ち合わせ時にはディレクターのサポートに回って発言したり、打ち合わせした議事録の作成も担当します。



そのため、アシスタントと言えどプロジェクトの全体理解は必須、それから自主的に行動できる柔軟さも求められるポジションといえます。

(2)資料修正・印刷物のコピー


打ち合わせに必要な資料の修正や、印刷もアシスタントディレクターの担当です。



資料を作るのは基本的にディレクターです。



ですが、打ち合わせ中に変更があったものや、クライアントから修正が入った部分はアシスタントディレクターが対応をおこない、



次回の打ち合わせ時に間に合わせるよう準備したりもします。



この辺りは一般の事務職と似ていますね、基本的な資料作成ツール(power pointなど)が扱えれば問題なし。

(3)ワイヤーフレームの作成(主に下層ページを担当)


ワイヤーフレームはサイトの画面設計図のようなものです。



建築で言うところの建築図面みたいなイメージですね。



TOPページのワイヤーフレームはディレクターが担当しますが、

下層ページ(主にTOPページ配下に格納されるページ)はアシスタントディレクターがTOPページの構成を元に作成することになります。



そこで求められるのは「TOPページで持っている情報や条件を隈なく下層ページにも反映させること」、また「TOPページから流入して来たユーザーが戸惑わないようしっかりナビゲーションした画面が作れるか」



このあたりがポイントになってきます。



Webディレクターにチェックしてもらいつつ作成できるので、この作業はある意味アシスタントディレクターとしては実戦に近い学びがあると思います😌

(4)デザインチェック・テストページの動作確認


制作が終盤になると、アシスタントディレクターも「デザインチェック」「テストページの動作確認」をディレクターと共に行います。



アシスタントにまるっと任せてしまうディレクターが多いので、

抜け漏れが無いよう「OSごとの動作チェック」「ブラウザごとの表示チェック」をしっかりと行う必要があります。



報告書を提出する必場合は、デバッグシートなどを作成してディレクターに報告して完了です。

(5)CMS管理画面から記事の流し込み


サイト制作の規模によってここの作業が発生しない場合もありますが、

CMSを使ったサイト制作の場合、下層ページの流し込みはディレクター及びアシスタントで対応する場合もあります。

▼CMSって何って方はこちらのサイトをどうぞ


こちらは仕上げの作業となるので大きなミスは起きにくい部分ではありますが、

単純作業の上、テキスト違いや画像入力ミスなど起きると大変なので慎重に作業を行う必要があります😌



アシスタントディレクターに求められるのは細かい気配りと丁寧なアウトプット


まとめると、アシスタントディレクターに求められるのはディレクターの仕事量を減らしてあげること。



そのためには細かい気配りや丁寧なアウトプットは必須です。



ぶっちゃけ、始めからテクニカルなビジネススキルなんて求めてません。



技術者上がりのアシスタントディレクターとかなら分かりますが、

未経験からアシスタントディレクターになったのであれば分からないことがあって当然。



むしろ分からないことをそのままにしないで「分かるまでディレクターに聞く」「納得できないことがしつこく聞いて、その瞬間に解決できるようにする」



このような姿勢で仕事に取り組むことが大事です。

WEBディレクターアシスタントの給料はどのぐらいもらえるの??


僕が初めアシスタントディレクターとして入社した会社では、手取りで20万ぐらいでした。



額面だと23万か24万ぐらいですかね😌



ノースキルだったので結構嬉しかった記憶がありますが、みなさんはどうでしょう。

新卒、第二新卒の場合だと


新卒だと中小企業とかで額面で22万前後ぐらいが多い印象ですね。知り合いに聞いても大体それぐらいです。



年収で言うとボーナス入れて300万丁度ぐらいですね。



IT業界は比較的高収入を狙いやすいのでこれから参入する職種でディレクター職を選ぶのは結構ありだと思います😌



再就職でIT業界に飛び込んだ場合はいくら??


ズバリ、年齢と実績踏まえての見合い。



とはいえ、業界的に実力主義の傾向が強く、年功序列の文化がないので過去の経験を重視して決定するはずです。



中でもWebに精通している業種で働いていたか、「営業職でバリバリ企画提案してました」とかであればほぼ即戦力でディレクション現場へ行けるので、

異業種からの転向でもほぼハンデはないはずです。



その場合、20代半ばでも年収ベースで360万~420万ぐらいは狙えると思います。



完全Webが未経験になると新卒初任給+5万ぐらいがMAXのイメージでよろしいかと。

結論:会社規模によっても変わるのでまちまち


とはいえ、大手企業であれば初任給で30万出す企業もあったりします。



楽天とかサイバーエージェントとかその辺りは待遇も良いですね😌



逆にベンチャー企業だと「基本給+営業インセンティブ」があったり結果的に大手より稼げたりも、可能性としてはありますよね。



なので、結局は自分が受けたい会社によって給与体系は変わると思います。

Webディレクターに昇格するまでの期間は??


最短で半年、長くて2年。

平均1年ぐらいはかかる印象→とはいえ会社にもよる


僕の場合、ベンチャー企業での修行のお陰か入社半年後には自分一人で結構大きめなリニューアル案件を担当してました。



そうゆう意味では、半年でアシスタント業務は卒業したかもです😌



とはいえ、実際に名刺がwebディレクターの肩書で更新されたのが、入社一年半めぐらいだったので正式にはそのぐらいだと認識しています。



その辺りは、会社によっての定義が異なるところですね。

なかなかディレクターに昇格できない場合は…


完全にアシスタントの仕事内容を超えているのに、肩書はアシスタントだったりすることもあるので昇格タイミングは会社によってまちまちです。



給与もアシスタントとWebディレクターだと結構変わるので、

確実にこれアシスタント業務の範囲超えてるでしょ、、と思ったタイミングで上司に掛け合っても良いかもしれません😌

さいごに:Webディレクターは将来性のある仕事です


これからWebディレクターを目指す方へ口酸っぱく伝えたいのが、Webディレクターって希望しか無いです。



AIの発達で仕事が奪われて行く昨今、Web業界も他人事ではありません。



すでにインターネット広告では運用の自動化や広告生成までもがAIで可能になっています。



つまり、今まで人間が手動でやっていた作業は消滅していきます。(とゆうかすでにされてます)

でも、Webディレクターは生き残ります


Webディレクターの仕事って人と人のコミュニケーションを結ぶことに本質があります。



クライアントの要望と制作チームへの指示だしを通して高いアウトプットを出す。



この辺りの作業って人間同士のコミュニケーションや感情があって初めて成り立ちます。

なぜならクライアントも制作チームも正しい答えを知らないから。


正直、やってみないと分かりません。



サイトは作ってみなければ、高いパフォーマンスを出せると言える保障ってないんですよね。



なので、コミュニケーションを通してお互いの落とし所を見つける必要があり、改善案をともに模索し続けることが大事です。



ここってコミュニケーションや感情がキーになるので、ロボットには代用できませんよね😌



まさに人間臭いディレクターにもってこいのポジションです。

Web業界に飛び込みましょう


まだまだWeb業界は人不足です。



ぜひ興味のある方はこの機会にWebディレクターを目指してください。

それでは記事は以上です😌

▼未経験からWebディレクターを目指す方へ


▼Webディレクターの年収を知りたい方はこちら


▼Webディレクターに強い求人サイト5選

work

Posted by kazuki