work

30代未経験でもWebディレクターになれますよ【現役ディレクターが解説】


こんにちは、カズキです。

この記事を読んでいるあなたは、現在30代で「Web業界に興味を持った方」だと思います。


おそらく再就職を考えていて、インターネットで調べていたら、たまたま「Webディレクター」という仕事をみつけて、気になってしまった感じですよね?😌

30代ぐらいの人

Webディレクターを目指そうか迷ってる人

でも30代からWebディレクターとか遅いかな…??

過去の業務経験とか活かせるかな…?

若い世代についていけるか不安だな…。


本記事を読むべきはこんな人。



ちなみに僕の場合、Web業界に飛び込んだのが26歳のときなので、ちょっと遅めでした。


そのため、「30代からWeb業界へ転職することなんて出来るのかな…。」と少々弱気になってしまう気持ちが分かるんですよ。

とはいえ、今思えば「まったく不安を感じる必要なんてなかった。」と思ってます😌


それは実際に30代からWebディレクターになった人も知っていますし、知り合いでも30代からWeb業界に入ってきた人が多くいるからですね。


というわけで、今回はその辺りの理由をお話ししようと思います。

ぜひ、最後までお読みいただけると嬉しいです。


30代未経験でもWebディレクターになれますよ【現役ディレクターが解説】


結論から、30代未経験でもWebディレクターになれますよ。


むしろ、目指しやすかったりするんですよね。


以下、順を追って解説しますね😌

30代未経験からWebディレクターをなれる理由

理由(1)IT・Web業界は人不足だから
理由(2)社会経験を積んでいる30代はニーズがあるから
理由(3)専門知識はマストではないから



理由(1)IT・Web業界は人不足だから



大前提として、Web業界全体が「人不足」なんですよね。


大抵どこの会社でも、「エンジニアが足りない」とか「ディレクター少なすぎ」とか、当たり前のように嘆いてたりします。


その理由は、ここ数年の間にIT市場やweb業界が急成長したから。

たとえば今なら、一般企業さえも「SaaS」と呼ばれる「月額モデルのサブスクリプションサービス」を持つのも当たり前の時代になりました。

すると企業側も自社にWeb事業に精通している人材を雇ったり、制作会社へ仕事を依頼したりするので、それに伴いWebディレクターのニーズも高まってきたワケですね。


今後もインターネットサービスの普及は加速していくため、企業としても未経験からディレクターを育てる会社も多く、むしろ今からWebディレクターになりたい方にとってはチャンスだと思いますよ。

理由(2)社会経験を積んでいる30代はニーズがあるから


なぜかWeb専業をおこなっている会社ほど、若い人が多いです。


石原さとみ主演のドラマを観ても分かりますが、社長が20代、30代なんてザラ。

大きい会社さえ、インターネット企業なら20代で役員、30代で子会社の代表とか普通だったりするんですよね。

すると大抵の現場は、20代中心のプロジェクトメンバーで回すことになって、メンバー同士で意見がぶつかることも増えてしまい、意思決定がままならないことも多くなります。

加えてクライアントが高年層だったりすると、コミュニケーションエラーに繋がる恐れもあるため、「社会経験が豊富な30代」をメンバーに加えることは、チーム側だけではなく、クライアントとしても助かるものです。


人間ドッグ行って「20代のパリピ先生」が出てきたら、めっちゃ不安ですよね?w

こんな感じで、中堅層の人材は、会社としてもニーズがあるんですよね。

理由(3)専門知識はマストではないから



Webディレクターの場合、専門知識とかほぼ不要です。


これを言っちゃうと怒られるかもですが、わりと事実。

理由として、Webディレクターは技術者ではないから


「Webサイトを作る」ことが仕事ではありません。

Webディレクターの仕事は、発注者とヒアリングをおこなって、要望を聞き出したり、設計を行いつつ、デザイナーやエンジニアに指示出ししたりと、「コミュニケーションの部分」がメインになってくるんですよね。

役割として、「プロジェクトマネジメント」と呼ばれたりもします。

とはいえ、専門知識がなければ指示出しできないので、仕事をしながら覚えていくことは大事ですが、初めから勉強しないとなれないポジションじゃないです。


そう考えると、未経験からでも目指しやすいポジションだと思うんですよ😌



Webディレクターって「どんな仕事」するの?って方は、下記記事をどうぞ。


具体的にWebディレクターに「必要なスキル」って何?と言う方は、下記記事をどうぞ。



参考までに:僕の師匠は30代未経験からのスタートだった


余談ですが、僕を育ててくれたWebディレクターの師匠は、30代未経験からWeb業界に入った異端児なんですよね。



大学卒業してから「8年」ほどニートをしていたらしく、「流石にオレやばいな…。」と人生を見つめ直して、知り合いのWeb制作会社に飛び込んだ経緯があるそう。



彼の場合、Web云々より、そもそも社会人経験がなかったので、修行中はなかなか大変だったらしいです。

そういえば、彼はこんなことを言っていました。

「毎日のように歳下の上司に罵倒されたw」

「同期の5個下と競争させられる日々ってシンドイぞ…?w」


ぶっちゃけこれを聞いたとき、「うわっ、メンタル強すぎ…。自分だったら絶対辞めてる…。」と思って萎えてたんですが、

結果として努力が報われて、彼は会社一の「売れっ子ディレクター」になって誰よりも稼いでたんですね。

そんな彼から教わることも多く、僕自身未経験からディレクターを目指していたため、とてもモチベーションになってました😌

「年齢とか、はじめるタイミングなんて、関係ないんだな…。」と当時26歳で感じていた不安とか、一瞬にして消え去った瞬間だったと思う。


これから、Webディレクターを目指すあなたへ。

以下、過去に僕が師匠から受けた言葉を贈ります♪( ´θ`)ノ

俺も昔は焦ってたよ。俺の場合はスタートが30代だったし…。

でも、新しいことに挑戦するなら、辛いのは当たり前でしょ(笑)

むしろ、俺の場合はサボってた「ツケ」をモチベーションに頑張ったかな。

分からないことがあれば嫌な顔をされたって聞きまくるし、分かるまで帰らないという気持ちでやってた。

-俺の強みは分からないことも「素直に分からない」と言えること-

これって簡単に見えてもできない人が意外と多いんだよね。

-でも絶対素直になって、教えてもらった方がいいよ。そうすれば優秀な奴すらぶち抜けるから-


当時、これを聞いたときは、「よし!何が何でも頑張ろう!」と踏ん切りがついたのを覚えてます。

師匠が言いたかったのは、年齢関係なしに新しいことに挑戦するのなら「ガムシャラにやる覚悟」、「自分を支えるモチベーションを持つこと」の重要性だったと思うんですね。


それがなかったら、少しマイナスなことがあれば、挫けてしまう。



反対にそれさえあれば、大抵のことは乗り越えられるはず。

根性論かもですが、この記事でぜひ伝えたかったことなので、お伝えさせて頂きました🙇‍♂️



Webディレクターは、過去の経験を活かしやすい


繰り返しですが、Webディレクターの仕事は、「コミュニケーション」かつ、「プロジェクトマネジメント」です。

言い換えれば、過去の業種でおこなってきた「仕事の進め方」だったり「コミュニケーションの取り方」など、使えるなら、そのまま使ってもオッケイです。


たとえば、アパレル会社で仕事をしていたなら、「スタイリッシュなデザインに対する知見」だったり、「色彩センス」が活きるため、アートディレクションの分野で活躍できそうですよね。

またメーカーの営業をやっていたなら、商品の業界による専門知識が身に付いているはずなので、「マーケットに特化したディレクター」になれるかもですよ。

とくにディレクターは前職を活かせやすいため、適材適所が必ず見つかるはず♪( ´θ`)ノ


なので、自信を持つべきなんですよー。



【3ステップ】30代未経験からWebディレクターになる方法


最後に、具体的なアクションプランを紹介して終わります( ´θ`)ノ


結論、やることは三つだけ。

Webディレクター転職に必要な3ステップ

Step(1)あなたの売りを明確にする
Step(2)キャリアステップを描く
Step(3)「Web求人に強い」転職サイトに登録する


Step(1)あなたの売りを明確にする


あなたの強み(武器)って何でしょうか?

下記イメージで考えましょう

(1)営業をやっていたからセールストークに自信がある
「プレゼン/セールスライティングなどに活かせるかも?」

(2)マーケティング会社にいたから市場調査が得意
→「サイト分析/企画/提案に活かせるかも?」

・接客をやっていたからコミュニケーションに自信がある
→「ヒアリング/ファシリテーター/制作指示などに活かせるかも?」

・経理をやっていたから数字には強い
→「サイト分析/広告運用などに活かせる?」


こんな感じで自分の武器は何なのか、Webディレクターになったら活かせるスキルはあるのか…。


今までの経験を深掘りして考えましょう。


きっと何かしら、役に立つスキルや経験はあるはず。

Step(2)キャリアステップを描く


急に現実的な話になりますが、30代の場合はキャリアプランは明確にしておくべき。

理由はゼロから学ぶ20代と違って、30代の場合は「過去の経験をどうのように活かして、今後どうなっていきたいのか。」と言う部分を重点的に見られるからですね。


以下を参考に、将来の展望について自己対話しつつ、取り組みましょう。

(例1)Webの知識を学んで転職して給料UPを狙う

(例2)ディレクター経験を積んで3年後にはWebプロデューサーになる

(例3)サイト制作を学びフリーランスのWebディレクターになって稼ぐ


ここまで言うのは、僕自身なにも考えていなかったからなんですよね…。


たとえ入社できたとしても、目標が無ければ仕事に飽きてしまいます。

またディレクターの仕事は半年もすれば慣れるため、やり甲斐を見失いやすい。

僕の場合はフリーランスという働き方を選びましたが、今ではイイ選択をしたなと自分を褒めたいぐらいです😌


結論、何が言いたいかというと「ディレクターになった後がスタート」なので、とくにこの記事を読むあなたが30代なら明確なゴールを持って取り組んだ方が、その後の人生も豊かになると思う。

(おまけに面接にも受かりやすいと思う。)



一度立ち止まってキャリアステップを見直すキッカケにしてください。



Step(3)「Web求人に強い」転職サイトに登録する


準備が完了したら、転職サイトに登録しましょう。

以下は「Web求人に強い転職サービス」なので、登録しておくと良いですよ。


マイナビIT AGENT


マイナビが運営している「IT・WEB」に特化した転職サービス。

業界最大手のマイナビエージェントの運営となるため、メディア専任のキャリアドバイザーのサポートが手厚く、転職活動が終わるまで親身になって協力してもらえる。

リクルートエージェント


業界最大手のリクルートエージェントは「求人数」、「転職支援実績」、「顧客満足度」もナンバーワン。



Webディレクター専門の転職サービスではないが、全体の求人数が多いので「IT・WEB求人」も多く保有している。


合わせて登録するのがオススメ。

マイナビエージェント


転職サイトとして、リクルートエージェントと二大巨塔で有名。



特に20代~30代の転職サポートに強く、人事&採用担当とのパイプがあり、転職活動におけるサポートが手厚いのも魅力的。

同じWebディレクターとして、応援してます


あとは、行動あるのみですよ。

陰ながら就職活動がうまくいくよう、祈っています😌


以下ディレックション関連の記事をリンクにしておきますので、興味のある方はご覧ください。

それでは、記事は以上です。