価値観が合わない友達とはお別れしましょう【結論:時間の無駄です!】

identity


こんにちはカズキです。

・最近友達と価値観が合わない人
申し訳ないけど話をしていて「低レベルだな…」と感じずにはいらない。

でも、古くからの友達だから何とか上手くやりたいな。

だって、友達がいなくてボッチになるのは寂しいじゃん…。


このような悩みにお答えします。

※6分ぐらいでサラッと読めるので、ぜひ最後までお付き合い頂けると嬉しいです。


価値観が合わない友達とはお別れしましょう【結論:時間の無駄です!】


この記事を書く僕はというと、友達は少ないです。



全部で3人ぐらいでしょうか。

(※僕だけが友達だと思っていたらすみません、凄い演技力ですね。)



ときどきご飯を食べたり飲みに行ったりする人はいますが、

ほとんどが一緒に仕事をしている仲間だったり、同じ目標を持っている同志と呼べるような関係です。



その為、実際の友人に会う回数は、年に一回ぐらいです。

結論:価値観が合わないなら会わなくてOKです


無理せずOK。



貴重な時間を使って、この記事を見るぐらいです。



多分一度じゃなく、おそらく何度も価値観のズレを感じるタイミングがあったのですよね?



ならば、もう悩む必要ありません。



その人とはお別れしましょう。

無理に付き合うことは、あなたの成長機会を失うだけ


毎日、一緒にいる人が「将来のあなた」を作ります。



学生時代ならいいですよ。


共通の話題もあるし、毎日色々なことを共有できて楽しいので。



でも社会に出てまで、ずっと同じ友達とツルむ意味ってあるのでしょうか?



一緒に成長して、価値観もバッチリ合って、お互いを高め合える関係なら良いと思います。



でも、大半が惰性(だせい)で付き合う場合が多いのではないでしょうか。

人生には「フェーズ」がある→ステージが違えば「話が合わない」のも当然です。


今、あなたはどこに立っていますでしょうか?



当たり前ですが、

仕事をバリバリこなして毎日新しいことに挑戦している人と、

ルーチンワークで毎日消耗している人とでは、成長スピードが段違いです。



漫画しか読まない人が、

毎日、本を読む人に比べて想像力や独創性が育たないのも当然のことですよね。



確かに意識高く常に自分を磨き続けることが「人生の全て」ではないと思います。



でも、この記事を見るぐらい真面目なあなたは、

常々「自己成長したい」と強く思っているに違いません。



でなきゃこんな記事、読むはずがありません。



それにも関わらず、無理して過去の関係を続ける事はあなたの人生にとって悪でしかありません。

ドラゴンボールでも「フェーズ」が違えば、一緒に戦う仲間も変わります


考えてみてください。

ピッコロ大魔王を倒すために一緒に戦っていた「武天老師」や「天津飯」、

「クリリンたち」は確かに良い奴ですが、セル戦でも一緒に戦えるしょうか?



もしくは、セル戦のために一緒に修行するパートナーが「ヤムチャ」で大丈夫でしょうか?



言い方は悪いですが、強い敵を倒すためには「自分と同レベル」

もしくは「それ以上の相手」と修行しなければ決して強くなれません。

武天老師のもとで一緒に修行したクリリンと昔話をするのもいいですが、

ずっとそんなことをしていても成長はできませんよね。

あの人とは別れるべき??「6つ」のチェックポイント


以下、3つ以上当てはまる方は、もはや迷う必要はないでしょう。

別れるべきチェックポイント

🔲 一緒にいても共通の話題は無く、ほとんどが過去の話
🔲  あなたの仕事やプライベートに興味が無さそう
🔲  会話がマウントの取り合いやポジショニングトークになっている
🔲 GIVEすることが多くTAKEが非常に少ない
🔲 お酒がなかったら一緒にいるのが辛い
🔲 自分の尊敬する人に合わせることができない


多分、その人とは価値観がズレています。

惰性(だせい)で付き合うと時間を浪費する


ここまで言っておいてなんですが、

その友達と一緒にいて楽しいなら続けてください。



それは全然悪いことじゃないので。



でも、少しでも違和感を感じているなら、それは本当に望んでいるものでは無いはずです。

人は「孤独」を恐ると惰性で付き合ってしまう


僕自身、過去に合わないと分かりつつ惰性で付き合っていた時期があります。



当時、25歳ぐらいでしょうか。



異業種からWeb業界に飛び込んだぐらいの時期でとにかく毎日仕事に追われていました。



忙し過ぎて帰宅は深夜0時とかの時代です。



でも全然辛くなくて、むしろ新しいことを学べていたので毎日が刺激的でした。

一方、周りの友だちは地元のBARで働いていたりアパレルの仕事をしていて、

「仕事は早く切り上げて夜はクラブで遊ぶ」

みたく、プライベートの遊びを生きがいにしている人が多かった。



誤解が無いように言うと、それ自体は全然悪くないと思います。

ただ、僕の求めていた人生はそれじゃなかっただけ。

結果:一緒にいても「楽しい」と思わなくなった


当時は、週末になると飲みに誘われて参加していましたが、

ある時期から「何か、話がつまんないな…。」と思い始めたタイミングがありました。



その理由は、話題がいつも同じだから。



決まって話題に上がるのが、「学生時代に仲良かったアイツは今何してんだろう…。」とか、



「最近彼女とどうなの?」とか、ぶっちゃけ先月会ったときも同じ会話してなかったっけ…?って思えるような会話です。

昔話ではなく、未来の話がしたかった


その時点で価値観が合わなくなっているんですよね。



僕は昔話をする友達ではなく、未来を語り合える仲間(同志)という関係を求めていた。



せっかく仕事が違う人たちと飲むなら、

今どんな仕事に挑戦していて、どんなことに興味があるのか。

このようなことを知り、有益な情報交換ができてお互いを高められる関係が良かったんですよね。



良いか悪いかは別にして、当時の僕はそういった話をする方が「面白い」と感じていたんですよね。

でも当時一緒にいた友人は僕が仕事の話をしても、

「はいはい、意識高いねw」みたいに嘲笑されるみたいな。



だから家に帰ってからも何だか「時間を無駄にしたな。」って後悔がとても強かったんですよね。



それでも付き合いをやめなかったのは「孤独」を恐れていたから


孤独を恐ると、正確な判断が取れなくなります。



本当はもう合わないと思っているのに一人になるぐらいなら、

「無理してでも付き合うべき」と思っていたんですね。



まるで学生時代、一緒にお弁当食べる相手を必死に探す女子のようです(笑)

極端に孤独を恐ると「あらゆる障害」を自分で引き起こす


それから当時、価値観のズレを感じていたものの、惰性で付き合っていた友人がいました。



その友人からある日、ビジネスの誘いを受けるんですよね。



いわゆるマルチ商法の勧誘みたいな感じです。



それが良いか悪いかはさておき、興味無かったため断っていたのですが、

それ以降の誘いがすべて「勧誘絡みの誘い」になってしまいました。



しまいには、仕事も関係なく鬼電してきたり。

…正直うんざりしていたのを覚えています。



それもこれも嫌われるのを避けて、孤独になるのを恐れた結果起きた事象なのだ、と今では感じています。



面白いですよね。

「もう、価値観が合わないから会わない」と決めていれば、そもそも起こり得なかった事象です。

孤独を恐れ、人間関係を選ばなくなると「負の連鎖」を呼び寄せる


惰性で付き合うと「変な儲け話の誘い」だったり、

都合よく利用してくる人も引き寄せるようになります。



本当に、次から次へとそんな話が舞い込んでくるので不思議です。



類は友を呼ぶとはよく言ったものですね。



そのような人の周りには、似たような人間が集まってくるんです。



だから、少しでも「価値観が違うな」と感じたならば、孤独など恐れず断ち切る勇気を持ちましょう。

目標や信念があれば「孤独」など恐るに足らずです


結局、ダラダラと関係を続けてしまう人って、人生暇なんです。



暇だから価値観が合わない人とも平気でツルめるし、生産性のないことに時間を浪費してしまう。



一方、明確な目標を持って日々信念を持っている人ならば、そんな暇はありません。



誘いがあっても「ごめん無理。」としっかり断ることができる。



それは自分の中で何が重要なのか、という「優先順位決め」ができているからです。

目標や信念をしっかり持って人生を生きよう


人の目を気にして、本当に大切なことに挑戦できないの状態はもったいないです。

・楽しめない飲み会に参加して、朝までダラダラ飲むことに価値はないです。

・仕事をバリバリ頑張って目標に向かって一直線になっている時に、
楽して金儲けしたいと考える友人とは話が合いません。

・あなたが自己成長のため読書している時に、漫画ばかり読んでいる友達と価値観が合わなくなるのも当然です。


ただ、いつか成長した時に「また会えるといいな」とは思います


今は人生のフェーズが違うだけかもしれません。

お互いが成長した後に再会して、唯一無二の仲間になることだって可能性としてはあります。

その時まで、別々の道へ進むことも大切です。

自分が成長してこそ、新しい仲間と出会うことができる


ただ一つ言えるのは、

自分の気持ちに素直になって日々自己成長できるからこそ、価値観の合う仲間に出会えるということ。

そのことを忘れずに日々精進したいですね。


それでは長くなりましたが記事は以上です😌

identity

Posted by kazuki