現役Webディレクターの僕が感じる「ダメなデザイナー」と「良いデザイナーの違い」【ちょっと辛口でスミマセン】

work


こんにちは、カズキです。

おいおい、、ダメなデザイナー…って、
デザイン作れないヤツが何様だよ。


と、思われた方も多いかもしれませんね。



先に謝ります、スミマセン…。



気分が悪くなった方は、すっと記事を閉じてください。



今回はデザイナーの方に割とチクっとしてしまう内容かと思います🙇‍♂️


でも、ちょっとだけ聞いてください。



実際問題、デザインが作れない人に「刺さらないデザイン」って何でしょう。



僕たちが相手にするのはデザインのプロではなく、素人ですよね。



つまり、一ユーザーの私たちが良いと思わなければ、それは良いデザインではないと思うんですよね。



もしかしたら、気付かないうちにデザインではなく「アート」を作っているのかも。



という訳で、今回はWebディレクターの僕が思う「ダメなデザイナーと良いデザイナーの違い」

というテーマで進めてまいります。



新人Webディレクターや、Web担当者の方へ向けた記事です♪( ´θ`)ノ

※5分ぐらいで読み終わる記事なので、最後までお付き合いいただけると嬉しいです。



現役Webディレクターの僕が感じる「ダメなデザイナー」と「良いデザイナーの違い」【ちょっと辛口でスミマセン】


それでは、早速まいりましょう。

過去に遭遇したダメなデザイナーはこんな人


過去の経験から、個人的に「ダメやな…。」と思ったデザイナーの特徴をまとめました。

ダメなデザイナーの特徴

その(1):トレンドを追っているだけ
その(2):ユーザー体験をしていない
その(3):デザインを好き嫌いで判断している


その(1):トレンドを追っているだけ


トレンドを追うこと自体はOKです。



様々なデザインに触れることで、インスピレーションや創造力が広がることは間違いありません。



ただ、勘違いしてはいけません。



目指すべきは、トレンドのカッコいいサイトではなく、「売れるサイト」を作ることです。



売れなければ、ただの自己満足にすぎず、流し見されて終わりです。



冒頭でも触れましたが、

ダメデザイナーは、デザインではなく「アート」を作っている状態になってしまっていると思う。

その(2):ユーザー体験をしていない


個人的に、一番マズイと思うポイント。



そもそも、自分がお客になってみなければ、ユーザーが本当に欲しい情報を知ることはできません。



観たことがない映画を人に説明するのは不可能ですし、

食べたことがない料理を作ることはできません。



逆に、実際に使ったことがあるサービス(商品)なら、

「お、この配色いいね!」

とか、

「このボタン使いづらいな…、もうちょっと丸っこくしようかな、、」

など、あくまで例ですが、具体的な感想が生まれるはず。



そのため、大前提として商品の魅力を伝えるはずのデザイナーが、「ユーザー体験をしていない」というのは論外なんですよね。

その(3):デザインを好き嫌いで判断している


他人の作品をみて、

何か、このデザイン好きじゃない…、と判断したり、

この作品のデザインが好きだから、、今回のデザインの参考にしました!


みたいなデザイナーは、もれなくダメデザイナーですね🙇‍♂️



なぜでしょう。



理由はデザインに対して「感情論のみ」で応えているから。



本来なら、デザインに至った背景や理由を汲み取った上で、ジャッジすべき。



確かに、良いと思えるデザインや、行動を起こしやすいデザインには感情は必要です。


でも、それは「論理ありき」なんですよね。


倫理があるから、人は初めて安心感を持てるし、決断できるハードルもグンと下がります。

デザインを作る上で、「論理+感情」は基本、これがデザインと「アート」の違いです。

逆に良いデザイナーはどんな人?


反対に「良いデザイナー」はどんな特徴を持っているんでしょう。



答えは、以下の通りです。

良いデザイナーの特徴

(1)デザイン意図をキチンと説明できる
(2)マーケティング視点に長けている
(3)ヒアリングの鬼


(1)デザイン意図をキチンと説明できる


良いデザイナーは、デザイン提出のタイミングには、必ず制作意図をセットで伝えます。



もう、シツコイぐらい言う。



なぜならデザインは「アートじゃない」ことを理解しているので、

「倫理+感情」で納得できる落とし所をしっかり抑えたいと思うから。



それはデザインの出し戻しを減らすだけではなく、余計な指摘(やりとり含む)を解消させるためでもあるんですよね。

(2)マーケティング視点に長けている


ここで伝えたいのは、

よし!市場調査や競合をベンチマーク!
ヒートマップから定量的なデータを元にUIを組み立てるぞ!


、的なことではありません。



発注者が求めているのは「過去にユーザー体験を積んだことがあるか」

その分野において「一定のリテラシーを持っているか」というところです。



さらにいえば、ヒットコンテンツの傾向について「自分なりに言語化し、明確な解を持っている」など、倫理的思考の部分があるとなおさら良いですよね。



繰り返しですが、その分野を知らないデザイナーの作ったデザインはアート。



一方、その分野に特化したデザイナーが作ったデザインは売れるし、ユーザーに刺さります。

(3)ヒアリングの鬼


過去、数々の「良いデザイナー」仕事をしてきて感じること、

それは質問の多さです。



とにかく、気になったら質問。


分かっていても念のための確認、とにかく確認、確認、確認です。



気の利くデザイナーなら、参考サイトをその場でペッペと見せて答え合わせ。



時には、プロトタイプをその場で作って、驚かせます。



その理由は、良いデザイナーには「良いデザインを作るにはヒアリングが命」

と脳内にインプットされているからですね。



良質な会話をおこない、相手の発する言葉から透明性を入手する、もはや達人の領域です。

プロジェクトを成功するために必要なこと→答え:良いデザイナーのアサインです



結論から言うと、「良いデザイナーをアサインできる目」を持ちましょう、という話です。

その1:そのためにも、日々のコミュニケーションは取るべき


当たり前のことですが、デザイナーを知らなければ、適切なアサインはできないです。

会話をしてみなければ、

・どんなことに興味を持っているのか
・何が得意なのか
・過去どんな経験があったのか

、といったデザイナーの特性すら知ることができませんよね。



誰でも得意、不得意はあるので日頃のコミュニケーションから、

情報を取りに行く姿勢が大事。

その2:最低限のデザインポイントは知っておくべき


「良い・悪いデザイン」って何?

それって美味しいの?


って方へ向けて、ざっくり説明します。

前提として、デザインの本質は言葉です。


理由として、

人は「言葉」で論理的に理解し、「ビジュアル(視覚要素)」で理解したのち行動するからですね。



そのため、ビジュアルは「言語化→ビジュアライズ」したものでないと、辻褄が合わないんですね。



カッコイイ画像だけを広告に出しても、誰も買いません。



それは画像だけだと、情報として足りないし、ぶっちゃけ不安だからです。



誰だって、失敗したくありません。



そのためにも、できる限り不安を取り除いてあげることが大切です。



これがデザインが言葉、という本質です。

簡単なのは「自分ごと化」してみることですね


シンプルこそ、一番です。


「自分だったら買いたくなるか、もしくは行動をするだろうか…、」

と、鬼のように自己対話しつつ、デザインを見てみるのがオススメ。

必要なら、そのサービス(商品)を買ってみても良いと思います。

そして、どうしても気になるなら、デザイン意図をデザイナーに確認しましょう。

ついでに「見やすさ」もチェックしておきましょう


そもそも、良いデザインでも視認性が低く、見落とされてしまうのはNGです。

そんな時は、以下のポイントをチェックしましょう。

3分でできるデザインチェック

フォント:ブランドイメージを損なっていないか
改行:文章を読んで、しっかりと息継ぎできる改行になっているか
行間:文章が密集して見づらくなってないか
カーニング:文字と文字のスキマ(横)が狭くないか
色彩ルール:ルールが設けられているか。「7対2対対1」ぐらいの割合だと良し(スーツの原理)
画質:直感的にぼやけて見えないか


最適でも、この辺りには目を配りましょう。

まとめ


さいごに、まとめで記事を終了とします。

「ダメなデザイナーの特徴」

(1)トレンドを追っているだけ→「トレンドのカッコイイ部分ではなく、売れた理由に注力しよう!」

(2)ユーザー体験をしていない→「知らないことには理解ができない→なら、体験しよう!」

(3)デザインを好き嫌いで判断している→「デザインの根拠を見つけるクセをつけよう!」


「良いデザイナーの特徴」

(1)デザイン意図をキチンと説明できる
(2)マーケティング視点に長けている
(3)ヒアリングの鬼


「良いデザイナーをアサインするコツ」

・日々のコミュニケーションでデザイナーを知ること。
・デザインの本質は「言葉」、人は言葉で理解し、直感的(視覚的)に理解し、行動する。
・見やすいデザインを作っているか、注力してみよう。


それでは、記事は以上です。

少しでも参考になれば嬉しいです🙇‍♂️

work

Posted by kazuki