Webディレクターの僕が思う「ランディングページ構成」の作りかた

work


こんにちは、カズキです。

フリーランスWebディレクターとして活動しつつ、ブログ執筆やYoutube発信などをして、ユルユルと生きています😌

困ってる人

ランディングページの構成とかよく分からん…。
手順やコツとかあればざっくり知りたいな…。



このような疑問をもっている人は、ぜひ最後までお読みください。

記事を読むメリット

・売れるランディングページ構成が作れるようになる
・上司やクライアントを納得させられるランディングページが作れるようになる


記事を書くボク

過去、Webディレクターとして、ランディングページ設計に携わった経験がありまして、トータル20本ぐらいはランディングページの構成を担当してきました。

また、個人で運営している当ブログでも100本以上記事を書いていて、SEO一位の記事も生産しました。

近頃はアフィリエイト収益で「月5桁」が安定し、成果がで始めたので、対ランディングページにおける、一定のクオリティーは保証できるかな、と思います。



ランディングページの構成には、文章構成力がある程度必要になりますが、コツさえ掴めれば楽勝です。



国語力ゼロだったこの僕ですら、ある程度できるようになりました🙇‍♂️



それでは、さっそく始めましょう!

そもそも、なぜランディングページに「構成」が必要なのか?



結論からいうと、ランディングページは「セールスレター」だからですね。



セールスレターが何かというと、

不特定多数の誰かではなく、”たった一人のアナタ”へ書いた手紙



このようなイメージを持ってください。

ランディングページ(セールスレター)を届ける相手は、画面の向こうにいる、たった一人のアナタなのです。

人によって、話す内容を変えるのは普通ですよね



たとえば、

焼きそば 作り方

とGoogleで検索するユーザーが求めている情報は「焼きそばの作り方」です。

大半のユーザーは、美味しい焼きそばの作り方が知りたい。と期待してページへ訪れます。



ところがページ冒頭で、 ”美味しい焼きそばのお店” を紹介されたらどう思いますか?

「まず、作り方教えろよ。」「その後で、紹介しろよ…。」



と思うのは、普通だと思います。



このように「読む側との温度差」が大きければ大きいほど、セールスレターは刺さらないんですね。

ユーザーは、結論から聞きたいと思っている


実際のコミュニケーションも一緒ですよね😌

前置きはいいから、早く本題言えよ…。みたいな(笑)

このように、「ランディングページ=セールスレター」であることから、構成の順番としては、よく映画や漫画などで良いと言われる「起承転結」の展開ではなく、

結論から伝えるような、「結起承転」がベストと考えておくといいでしょう。

ランディングページの基本構造について



さて、ランディングページの本質を理解してもらったところで、「基本構造」について、説明したいと思います。

ランディングページは、検索キーワードとセットなので、事前にユーザーニーズが掴めるため、基本構造を立てられるのがメリットなんですね。

基本的に、以下のような「組み立て方」がベターです。



順番に説明させていただきます!

(1)ファースト・ビュー



ファースト・ビュー=「サイトへ訪れたユーザーが、最初に目にするポイント」



大抵の場合だと、「画像」「ブランドロゴ」「キャッチコピー」の要素で形成されるパターンが多いですね。

目的としては、ユーザーの心を掴むこと、
そしてページを読み進んでもらえるよう、誘導する役目をもっています。



ユーザーは約3秒程度で、「自分に関係のあるコンテンツ」かどうか判断するので、ファーストビューの設計はかなり重要なポイントです。

ランディングページの成功はここで決まる、というWebマーケッターさんも多いです😌

(2)問題提起・共感フェーズ



次にユーザーの「抱えている問題」を整理してあげます。



ユーザーの大半は「悩みを解決したい」、もしくは「欲求を満たしたい」という理由からページへ訪れます。

たとえば「焼きそば 作り方」と検索してくるユーザーは、
「焼きそばが作れない」という、悩みを解決したいはずです。

そもそも、焼きそばが作れないやつなんている…?



というピュアな疑問は置いといて、ユーザーの悩みや欲求を明確に提示してあげると、

この記事は、アナタのために書いている記事ですよ。

としっかり伝えられて、結果的にページを読んでもらえます。

こんなイメージです

こんなお悩みありませんか…!?
・40代女性必見!!
・年齢肌でシワが目立つ!
・冬は肌が乾燥してパッサパサ!
・今使っている化粧水が合わない!

→この商品を使えば~…。



このような文章から構成されているコンテンツを置けば、ユーザーが自分ごと化しやすくなるんですね。

(3)メリット伝える・問題解決



問題提起と、問題を解決することはセットです。



ユーザーが抱えている問題に対して、商品(サービス)力でどのように解決できるか、しっかり伝えてあげましょう。



ポイントとして「商品の魅力を伝える」のではなく、商品を使ったあと「どんな変化が得られて、人生がどう良くなるのか」伝えるのがいいでしょう。



ユーザーが求めているのは、商品(サービス)ではなく「体験」だと理解できればシンプルですね。

ダメ営業マンがいくら商品を勧めても売れないのは、顧客が求めているものが「体験」だと分かっていないから。

(4)アクションを促す・CVボタン



ユーザーへ提供できる「体験」を存分に伝えたら、しっかりアクションを促しましょう。

売ろうとしなければ、売れないです。

押し売りのようなランディングページは嫌だから、

・CV要素は少なめにしたい…。
・派手なデザインにはしたくない…。


このような、こだわりを持つのも分からなくないですが、基本的にユーザーはページを最後まで読みません。

もっと言えば、ページを熟読することはないのでボタンに気付かないことも多い。

なので、コンテンツの合間にCV要素を設置してあげて、ユーザーがページのどこを読んでいても、すぐにアクションできる体制は整えてあげるといいでしょう。

ユーザーはあなたのページで買わなくても、他のページで買う。



ここを強く理解していれば、CVボタン設置は必須になってくるはず。

(5)クロージング



ここまでで、ユーザーの悩みを理解し、ベネフィットを提供して、アクションを促しました。

これでいいでしょ

と思うかもですが、もう一押しが必要です😌

ユーザー自身、商品を欲しいなと思い始めていますが、まだまだ迷いがあります。

ユーザーの迷いは何だろう??

・金銭的理由
・信用していい商品(サービス)なのか不安
・騙されたらどうしよう…。 など



このような迷いがあるなら、心理的ハードルを払拭してあげましょう。

たとえば、金銭的理由からためらうユーザーには「返金OK」、「無料サンプル」など、リスク軽減にちょっとでも貢献してあげるなど1つの手ですよね。

また、商品(サービス)に対する不安があるユーザーには、「商品の誕生秘話」だったり、お客様から届いた感謝の声(ユーザーボイス)を掲載してあげることで、信用を勝ち取るなどよくある手法ですね。

ユーザーの背中を押す、という意味では、

「期間限定商品!」「残りわずか!」



など、特急感があるとユーザー行動を促しやすく、サービスの性質によっては付け加えて見るのもアリですね。

ストーリーの入れ替えは、全然しちゃってオッケイ



ここまで、基本構造の説明をしました。



上記で説明させてもらった順番を守るべきかというと、答えはノーです。



その理由は、「ユーザーが検索してくるキーワード」によっても求める情報は変わるからですね。

また、広告を使ってターゲット層を絞っている場合だと、ターゲットユーザーによっても購買意欲が異なります。

画面の向こうにいるユーザーは、一人の人間。



ターゲットユーザーによって、訴求の仕方を変えるのは自然なことです。

ランディングページ構成に必要なこと=「徹底したユーザー視点」



経験ベースですが、事実を淡々と並べたり、テクニック論をつかって、ユーザーを動かすことは難しいです。


人は、感情で興味を持ち→論理的に納得→「行動」します


そのため、こちらの主張を一方的に押し付ける「ひとりよがりなセールスレター」では、ユーザーに気持ちが届くことはありません。

ユーザー視点に立つために、自らユーザー体験をすると早いですよ


たとえばあなたが販売したいものが、サービスまたは商品だったとします。

それなら、以下のステップで考えてみればシンプルです。

ユーザー体験をしてみよう


①身銭を切ってサービスを使ってみる





②使ってみて分かったメリットとデメリットを整理





③デメリットをプラスにする方法を考える





④ランディングページに盛り込めないか考える



こんな感じで、自らユーザー体験を行なうことによって見えてくる情報は異なるはず。



商品を使ったことがない人が書いた、上っ面のランディングページは、すぐにバレてしまいます。

また、好きでもない商品のランディングページを担当している場合は論外ですね。

ランディングページ構成が上手く書けないな~…。と思っている人は、

もしかしたら、商品(サービス)に対しての理解、「愛」が足りてない、かもしれませんよ。

参考までに:ヒットコンテンツから学ぶのもオススメ



世の中には無数のWebページがあります。



良い部分は、パクってオッケイです。



長い間、広告出稿をしているページなら、一定の成果が出ていることが保証されているわけですからね。

成果が出ているランディングページの傾向を見つつ、取り入れることは成功への近道ですよ。



何かヒントを得られるといいですね😌

さいごに:ランディングページは「作って終わり」ではダメ



当たり前ですが、ランディングページ=「売るためのページ」であることが多いです。



そのため成果がでないなら、理由を仮説しつつ、改善をおこなっていくべき。



テストを重ねていくうちに成果が出れば、それはあなただけの成功事例です。



それができれば、クライアントや上司からも褒められるランディングページが作れるようになるでしょう。

そして、売れるランディングページについての理解もより高まるはず😌



頑張ってくださいね。



それでは、記事は以上です。

work

Posted by kazuki